2008年04月30日

藤子 F・不二雄4

「四コマまんがは、たった四コマで話をまとめなくてはなりません。(略)ムダをはぶくという「まんが」の精神にピッタリのものなのです。ムダゴマは使えません。一コマ一コマにちゃんとした役割があるのです」


藤子・F・不二雄のまんが技法・藤子 F・不二雄(著)より)

posted by 浅草太郎 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子・F・不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

藤子・F・不二雄3



「「まんが」にムダは禁物! 「まんが」のアイディア(案)についても、絵についても、このことはいえます。ムダの多い「まんが」は、ポイントがどこにあるのか、さっぱりわからないものです。 そのせいで、印象は弱くなるし、ひどい時には意味さえ通じなくなってしまうものなのです」


藤子・F・不二雄のまんが技法・藤子 F・不二雄(著)より)
posted by 浅草太郎 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子・F・不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

藤子・F・不二雄2



「遊びをとおして学ぶことが、むしろ、ほんとうに身になる勉強法ではないかと思います」


藤子・F・不二雄のまんが技法・藤子 F・不二雄(著)より)
posted by 浅草太郎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子・F・不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

藤子・F・不二雄1



「描くぼくが楽しみ、読んでくれる人も楽しむ、そんな漫画がずっとぼくの理想なんだ」


「プロフィール」

藤子・F・不二雄(1933年・富山生まれ・「ドラえもん」、「パーマン」、「キテレツ大百科」など数々の大ヒット作品を生み出した日本を代表する漫画家)

「代表作」

ドラえもん

映画おばあちゃんの思い出

「大切なこと」がたくさん詰まった、親子で見たい作品。藤子・Fさんの優しさが溢れている。

藤子・F・不二雄のまんが技法・藤子 F・不二雄(著)より)
posted by 浅草太郎 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子・F・不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

北川悦吏子6



「人を傷つけた時は、ちゃんとそれを心に刻もうと思う。どういう人間だよ、私は、と少なくとも3ヶ月は深く重く考えようと思います。 人に傷つけられた時は、どうしてそういうことになったかを、相手の事情や心情を考え考え、それが理解できたら、許そうと思います。 自分に魅力がなくて、またこのどこか強烈な性格が災いして、もしくはそうでなくても、諸般の事情で人が自分のもとからいなくなった場合は、それも目を閉じて、仕方がない、と現実を受け止めようと思います。 そして、今自分の周りにあるかけがいのない「愛」を大切にしよう、と思います」


愛について・北川悦吏子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 北川悦吏子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。