2008年03月18日

北川悦吏子1

「生きていくには泣かないほうがいいと思うけど、脚本を書いているときは、泣けるくらいの精神状態のほうが、いいものが書けるの」


「プロフィール」

北川悦吏子(1961年12月24日・岐阜県生まれ。「素顔のままで」で連ドラ脚本デビュー。その後、数々のヒットドラマを手掛ける女性1脚本家)

*代表作

「ドラマ」

愛していると言ってくれ BOXセット

「脚本集」

愛していると言ってくれ

愛について・北川悦吏子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 北川悦吏子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

北川悦吏子2



「人を巻き込んじゃいけないんですよ。だって他人は他人で、自分じゃないから。私はずっと、自分の片割れを一生懸命探していたの。その人なら私のこと百パーセントわかってくれる、一緒に頑張ってくれるって。でも、そんなことは、ないんですよね。それは否定的な意味ではなく、前向きなんだけど」


愛について・北川悦吏子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 北川悦吏子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

北川悦吏子3



「その人が言いたいことって、実は変わらないから、十年経っても何本作っても。そうしたら、それはずっと同じこと言い続けていいんじゃないかと思うのね」


愛について・北川悦吏子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 北川悦吏子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

北川悦吏子4



「私も、もちろんまだ書きたいと思っているけど、たとえば書けなくて苦しいのよりは、書きたいことがあるのに書けないほうが苦しいだろうなって思います。だから、書きたくないなと思ったら、書かなくていいんじゃないかなって気がする。ずっと現役で頑張ってなきゃっていう思いはあんまりなくて」


愛について・北川悦吏子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 北川悦吏子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

北川悦吏子5



「なんにも考えていない人って、全然魅力のない人ばっかり。どう見てもメチャクチャうまくいってる人でも、必ず悩んでいるし。そういう人が第一線って感じがする。「やった、ラッキー!」って思ってる人ってだめだよね。そういう人って、二流、三流、はっきり言って(笑)不思議だなぁと思う。売れてくれば売れてくるでみんなストイックになってくるのね」


愛について・北川悦吏子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 北川悦吏子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

北川悦吏子6



「人を傷つけた時は、ちゃんとそれを心に刻もうと思う。どういう人間だよ、私は、と少なくとも3ヶ月は深く重く考えようと思います。 人に傷つけられた時は、どうしてそういうことになったかを、相手の事情や心情を考え考え、それが理解できたら、許そうと思います。 自分に魅力がなくて、またこのどこか強烈な性格が災いして、もしくはそうでなくても、諸般の事情で人が自分のもとからいなくなった場合は、それも目を閉じて、仕方がない、と現実を受け止めようと思います。 そして、今自分の周りにあるかけがいのない「愛」を大切にしよう、と思います」


愛について・北川悦吏子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 北川悦吏子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。