2008年01月03日

村上隆7



「社会の中で天才として生き続けるのは、ほとんど無理、不可能性が高いことです。 スポーツ選手が綿密な計画と鍛錬を基礎におくように、芸術家は美術史の分析から精神力の訓練に至るまで独創的な作品のための研究修行を毎日続けるべきです。 空飛な発想を社会に着地させるバランスをあやまれば自分の身を吹き飛ばしかねません。 率直な話、アーティストには充分な時間も金銭も用意されていません。 正当な時間や報酬を得て作品を作るには、周囲と自分の関係を醒めた目で把握してゆかねばならないのです」


芸術起業論・村上隆(著)より)
posted by 浅草太郎 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 村上隆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76203762

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。