2008年01月03日

村上隆1



「なぜ、これまで、日本人アーティストは、片手で数えるほどしか世界で通用しなかったのでしょうか。 単純です。

「欧米の芸術の世界のルールをふまえていなかったから」なのです。

 欧米の芸術の世界は、確固たる不文律が存在しており、ガチガチに整備されております。 そのルールに沿わない作品は「評価の対象外」となり、芸術とは受けとめられません。 ぼくは欧米のアーティストと互角に勝負するために、欧米のアートの構造をしつこく分析しました」




「プロフィール」

村上隆(1962年生まれ)


芸術起業論・村上隆(著)より)
posted by 浅草太郎 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 村上隆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76149945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。