2008年10月22日

里中満智子6

「(高校の先生から、仕事を1年間休むか、学校を辞めるか、選んでくれと言われたとき)私は仕事を選びました。だって、せっかくの人生最大のチャンスです。しかも、このチャンスはつかんだらずっと手に持っていられるものではなく、必死でしがみついて、努力しつづけなければ、簡単に逃げていってしまうのです。それが"実力の世界"の最低条件ですから」

里中満智子のマンガ入門―人よりちょっとうまく描くテクニック より)続きを読む
posted by 浅草太郎 at 18:59| 里中満智子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

里中満智子5

「よりよいお手本は視野を広くしてくれます。よく、本物と偽者を見分けられる目を養うために、わけのわからないうちから本物だけを見つづけて目を肥やす、と言われますが、本物のもつ力を知ると、ダメなものが見えてくるのです」

里中満智子のマンガ入門―人よりちょっとうまく描くテクニック より)続きを読む
posted by 浅草太郎 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 里中満智子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

里中満智子4

「プロの生原稿を見て、まず何に驚いたかというと"仕上げの完璧さ"です。 コマのすみがきちっとクリアーに始末されていてベタのムラはないし、線の1本1本に、強弱と、太い細いの差はあっても、"濃さ"の差がないのです。これは、すべての線にこめる力が、計算されたものだという技術です。この差は、印刷されてしまうと、少しわかりにくくなります。紙質や、印刷インクののりの差で、生原稿そのままの美しさは画質にあらわれにくいからです。しかし"美しい線"と"きたない線"は、印刷されると、それぞれ"フツーの線"と"とんでもないきたないみにくい線"の差にあらわれるのです」

里中満智子のマンガ入門―人よりちょっとうまく描くテクニック より)
posted by 浅草太郎 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 里中満智子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里中満智子3

「「恥をかくなら素人のうち」です」

里中満智子のマンガ入門―人よりちょっとうまく描くテクニック より)
posted by 浅草太郎 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 里中満智子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

里中満智子2

「「この世でたった一人でも…」という望みが創作のささえなのです。私の描いた作品は、多くはただそのとき読んで、そのまま忘れられても、作品の中の何かを通じて、この世でたった一人の読者に「生きててよかった」と思ってもらえれば、私という一人の人間がこの世に生まれて生きた意味があるのです」

里中満智子のマンガ入門―人よりちょっとうまく描くテクニック より)
posted by 浅草太郎 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 里中満智子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。